プロフィール

南井 猶倖

Author:南井 猶倖
和装project展開中

最近はTwitterであげる事が多い。
TwitterID:@spgd_minai

FC2カウンター

カテゴリ

flickr photostream

更新記事

最新コメント

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキング参加してます。よろしくお願いします。
にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ にほんブログ村 コレクションブログ スーパードルフィーへ

【和装】DDの着付 補整 L胸サイズ その2



前回の 記事で 襦袢までの補整をお伝えしたわけですが、

ここからは  襦袢の中の補整について

IMGP2821_20130624230751.jpg

「ホントに 脱ぐのね?......責任は取ってもらいますからね!」

は、はーい(汗)

ちょっと 肌色成分が含まれるため 続きは折りたたみます。


襦袢を脱ぐとこのような補整を
IMGP2823.jpg
ポイントは方廻りの補整。
肩のラインをなだらかに見せるために 入れています。
左肩のラインみたいに少し斜めになると襦袢を着せた時に
衿のラインからの流れが綺麗に収まります。
まぁ この辺も好みの問題なのですが。

ちなみに赤い襦袢でしたが半年間着せっぱなしでも色移りはありませんでした。
写真では 下着を着用していますが 着物時はつけていません。

「も、もう!そんな事いわなくてもよろしい!!」



横から
IMGP2825.jpg
この補整では ある程度 胸のトップとウエストのラインが
ある程度なだらかになるよう 補整しています。
背中側も同様に。  


背中側
IMGP2824.jpg
くびれを消すために 軽い補整を入れています。

ボディ側の補整は  脱脂綿 1枚を折りたたむ程度でOKかと

襦袢を着せた後本格的に  補整を入れていきますので。


ここまで補整を入れることで
DDのL胸タイプでも

IMGP172950.jpg
着物を着せた時  胸を目立たなくする事が出来ます。



「あなた! この辺が限界です!それと 代わりの服はどこ?」

IMGP2822.jpg

ああ、ゴメンナサイ。 そこに用意しておいたので
着替えてね。

「わかっているとは思いますが.....覗かないでよ」

りょ了解(汗)


着替え後



「ちょっと!? これはどういうこと!」


IMGP2839.jpg

似合いすぎて卒倒しました........

「聞いているの!?  もう!」



この後、代わりの服を用意させられました(ーー;)


ではでは。


関連記事

ブログランキング参加してます。よろしくお願いします。
にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ にほんブログ村 コレクションブログ スーパードルフィーへ

テーマ : ドルフィードリーム - ジャンル : 趣味・実用

<< 居住環境改善要求の完成版 | ホーム | 【和装】DDの着付 補整 L胸サイズ その1 >>


コメント

予想外の落ちでしたw

華麗な和装の下には、地道な
補正があるのですね。

淡々とした真面目な解説を
フムフムと読んでたら・・・

キタ――(゚∀゚)――!!

落差に吹きました。

南井様

着付け解説が、楽しくて参考になります♪
うちの母などは、DDL胸でも、補正におしぼりタオル1枚で簡単に済ませてますが、ベストを追及するとここまで補正するのですね。

Re: 予想外の落ちでしたw

> 華麗な和装の下には、地道な
> 補正があるのですね。

ここまでやってしまうと 稼動域が狭くなるので
DDとしてはどうなのかということもありますが
立ち姿重視にしています(^^)


> 淡々とした真面目な解説を
> フムフムと読んでたら・・・
> キタ――(゚∀゚)――!!

> 落差に吹きました。

これが南井クオリティーということで(笑)
予想以上に似合って ビックリしました




Re: まなさん

> 南井様
>
> 着付け解説が、楽しくて参考になります♪
> うちの母などは、DDL胸でも、
補正におしぼりタオル1枚で簡単に済ませてますが、
ベストを追及するとここまで補正するのですね。


ありがとうございます♪
L胸でもラインを綺麗に出そうと色々やった結果
こんな感じになってしまいました(^^;

野外写真でも着付けの差が大きく写真の出来に
影響してくるところがあったので
稼動域が犠牲になりましたが
チャレンジしてみました







コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。