プロフィール

南井 猶倖

Author:南井 猶倖
和装project展開中

最近はTwitterであげる事が多い。
TwitterID:@spgd_minai

FC2カウンター

カテゴリ

flickr photostream

更新記事

最新コメント

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキング参加してます。よろしくお願いします。
にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ にほんブログ村 コレクションブログ スーパードルフィーへ

【和装】女王の復権【予告編】

うちの和装少女といえば  京さん。

でも最近は りおなや蓮おまけにハーミットに押され気味(--;

K様の御着物を脱がして(あの着物は特別なのです)

フリルのドレスを着せたところ

見事に撃沈..... 髪型もあるでしょうが 洋装が似合わない。

心なしか 京さんが 泣いている様に思えたので......
(【猶倖さま この仕打ちはあんまりですわ (T_T) 】)

彼女にピッタリな 生地が見つかったので......







順序変更! 女王復権!









IMGP1237.jpg

近日公開予定~


でも蓮も凄いことになってるんです~
京に負けてない。

あっ 明日から ゴティックメード 公開か。
見に行かねば.......



スポンサーサイト

ブログランキング参加してます。よろしくお願いします。
にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ にほんブログ村 コレクションブログ スーパードルフィーへ

テーマ : スーパードルフィー - ジャンル : 趣味・実用

【和装少女】りおな(MSD-FCS-18)

本日は 新作の和装少女

りおな  のご紹介です。

妹君の 初フルチョイスお迎えの MSD-F18でございます。

彼女のお迎え用着物として 製作したとの事。
着物製作2作目となります。

テーマは  "姉に(SD)あこがれる妹(MSD)"


IMGP1214.jpg
気品のある中にも 可愛らしくということで おはしょりにて

IMGP1216.jpg
単独で居ると  SDと見間違う位の 存在感があり、ちょっとビックリしました。



IMGP1219.jpg
帯止めは カボションとスワロの組み合わせ。
扇子の飾り付けがまだ一部未完成。


IMGP1221.jpg
前後とも柄合わせが難しかったとのことです。
判りづらいですがリボンの先端に スワロを配置しています。

IMGP1223.jpg
アクセサリーは ベルベットのリボンと 
スワロフスキーの オーロラとの組み合わせ。


ちなみに SD(蓮  未完成ver)との対比はこんな感じになります。
IMGP1230.jpg
SDサイズと引けをとらない存在感かと思っています。

今日も色々と話をしたのですが
和装って
足し算・引き算が とても難しいかと
派手すぎず・地味すぎず
ちょっとした色使いで まったく印象が変わってしまう
自分ももっと勉強しなければと思った今日でした。


これから仕上がる 蓮はヘッドアクセで がらっと
印象が変わってくると思います。

現在 京の着物が 90%完成。

次はハーミットの着物に取り掛かります。






ブログランキング参加してます。よろしくお願いします。
にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ にほんブログ村 コレクションブログ スーパードルフィーへ

テーマ : スーパードルフィー - ジャンル : 趣味・実用

姉妹ルックをしてみた

舞ちゃんが和装モデルのバイトから帰ってきたので
早速お着替え
ウィッグも変えてみました

IMGP1206.jpg

「姉さんと一緒の服って....似合うのかしら」

IMGP1207.jpg

舞ちゃん  モデルお疲れ様。

「こちらこそ  良いバイト紹介してもらって 助かりました。友達も出来たし」


そうなの?

「りおなって娘なんだけど、結構気さくで 楽しかった。今度遊びに来るって。」

それは良かった♪  

じゃあ 姉妹そろって 一枚いいかな?


IMGP1209.jpg

「姉さん ?」

「恥ずかしい....」


舞ちゃんも和装project候補ですが  暫く先になりそうです。
まずはブラッシュアップからになりそうです




ブログランキング参加してます。よろしくお願いします。
にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ にほんブログ村 コレクションブログ スーパードルフィーへ

テーマ : スーパードルフィー - ジャンル : 趣味・実用

京都散策 7 天使の里 後編

屋外での撮影後
窓際にて。
S7-1.jpg
DDとSDの2ショットは初めて撮ったかも

S7-2.jpg
自分にとっては 形は変われども この2人が 始まりの2人 に変わりはありません。


ちょっと 喫茶室で 休憩中に 撮影。
ここからは  70㎜  マクロに切り替え撮影。
シグマのマクロって  やっぱり 素人目にも 鋭さが違うかと
生地の質感がしっかり出る
S7-3.jpg

S7-4.jpg

帰りの際に 1Fにて撮影。
S7-5.jpg

S7-6.jpg

今回の撮影を通してみて、色々と 初歩的なところを含め
撮影技術不足を 感じました。
もっと綺麗に、印象深く 色々と勉強が必要かと。
特に着物を いかに美しく撮るか、
これからの 和装少女projectには 必要なことかと
思ってます。

長かった 大阪~京都 訪問もこれにて終了。
最後まで  お付き合いいただき ありがとうございました。





ブログランキング参加してます。よろしくお願いします。
にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ にほんブログ村 コレクションブログ スーパードルフィーへ

テーマ : 散策・自然観察 - ジャンル : 趣味・実用

京都散策 6 天使の里 中編(中庭)

スミマセン  今日は写真がちょっと多めです。
絞りきれませんでした。
編集にも時間がかかり、現在23:30....


一旦、館内での撮影を終了し 中庭へ

ここでの撮影は正直難しかったです。
何が難しいか。
ほとんどの建物が立ち入り禁止。
芝生も同じく
おまけに 通路が人一人分の幅。
そんななか 頑張って撮ってみました。

ここからの写真は  50㎜&21㎜の単焦点にて

s6-1.jpg
前述の通り 自立が出来ないので 足元切ったカットが多め。

s6-2.jpg
傘は大阪のアゾンで仕入れたものを使用。

S6-3.jpg
今回一番のお気に入り。 50㎜買って良かった♪

S6-4.jpg
瞳への光の入れ方が中々 上手くいきません。


S6-5.jpg
レフ板の必要性を痛感しました。今度から持参します。

S6-6.jpg



S6-7.jpg
このカットもそうですが  ライトとかコンセントとかが多くて
没になったカット多数あります。


S6-8.jpg
やはり庭園には 和装が映えますね。


S6-9.jpg
足元は こんな感じなのです。

色々と制約が多いですが 人目を気にせず自由に撮影が出来る空間は
とてもありがたいことです。感謝感謝。

実は、このハーミットとの撮影はこの旅行が最後。
今週から また  大幅なブラッシュアップに入りましたので
次回皆さんの前に紹介するときは 多分違った雰囲気になっています。
記念の良い写真がとれたかと思います。


長らく引っ張ってきました 京都編も次回が最後

室内に戻り、いずみとハーミットを並べて撮ってみました。

ではでは



ブログランキング参加してます。よろしくお願いします。
にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ にほんブログ村 コレクションブログ スーパードルフィーへ

テーマ : 散策・自然観察 - ジャンル : 趣味・実用

京都散策 4 竹林編

天竜寺の北門を抜けると  すぐに  竹林が現れました。

s4-1.jpg
10-17㎜の写真はこれだけ(^^;)なんとなく撮ってみてちがうかなぁと
中々使い方が難しいレンズです。
この後は主に21㎜で撮影。


竹林の中に入ると なんとなくですが  空気が澄んだ感じで
凛とした 雰囲気かと。
s4-2.jpg
この日は朝から観光客が多く  中々 人の入らないアングルで撮影するのが
難しかったです。

s4-3.jpg
フレア出てますが  なんとなく好きな写真。

s4-4.jpg
写真が 微妙なので  雰囲気が伝わりにくいですが、
緑の隙間から見える空が綺麗。

s4-5.jpg
天竜寺といい 竹林といい  ここのところ色々とあった  心の状態を
とても癒してくれた 個人的なヒーリングスポットでした。


この後 トロッコ嵐山で休憩の後  ひたすら歩いて 天使の里を目指しました。
次回から娘たちの登場です。




ブログランキング参加してます。よろしくお願いします。
にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ にほんブログ村 コレクションブログ スーパードルフィーへ

テーマ : 散策・自然観察 - ジャンル : 趣味・実用

京都散策  3 天竜寺編

渡月橋を後にして向かった先は
天竜寺。

渡月橋~天竜寺~竹林と  見事  嵐山観光の
ビギナー丸出しな選択です(汗)



ちょうど 8時半を過ぎたあたりでしたが
すでにお客さんは結構多かったです。

S3-1.jpg
入り口付近の建物より、 葉が多少色づき始めていますが
やはり本格的な 紅葉は  11月になってから。


s3-2.jpg
大方丈   この日は やたら雲と青空が綺麗だったような気がします。

S3-3.jpg
何の気なしに撮っているので  構図って...?な状態。


S3-4.jpg
曹源池庭園
天竜寺で撮った中では一番のお気に入り。雲とペンタブルーが 綺麗。

S3-5.jpg
ISOちょっとあげる。等倍だと池に写る木々がとても鮮明です。


s3-6.jpg
この辺りで70㎜に切り替え。

s3-7.jpg
こんな写真が取れるのも  マクロ様様です。 

S3-8.jpg

正直な話、 里に行かなくても  紅葉の時期にじっくりと
また来たいと思う場所でした。

まぁ今年の11月の紅葉は仕事の都合上 修善寺辺りになりそうです。

この後  北門を抜けて   竹林に 向かいます。
今回のこのルートの 目的はここに ありました。







ブログランキング参加してます。よろしくお願いします。
にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ にほんブログ村 コレクションブログ スーパードルフィーへ

テーマ : 散策・自然観察 - ジャンル : 趣味・実用

京都散策  2 渡月橋編

空、  綺麗だよね

S2-4.jpg

S2-3.jpg

S2-2.jpg



お腹すいた  でも開店前
S2-1.jpg


ブログランキング参加してます。よろしくお願いします。
にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ にほんブログ村 コレクションブログ スーパードルフィーへ

テーマ : 今日の出来事 - ジャンル : 趣味・実用

京都散策  1 移動編

昨日から日曜日の写真を選択・編集中ですが
個人的に載せたい写真が色々あって悩んでます。
そんなわけで 4回の予定の 散策記事ですが

京都散策  1 移動編
京都散策  2 渡月橋編
京都散策  3 天竜寺編
京都散策  4 竹 林 編
京都散策  5  天使の里 前編
京都散策  6  天使の里 中編
京都散策  7  天使の里 後編

の7本立てとなりました。
ちょっと長めの内容となりましたが
お付き合いいただければ 幸いです。

ちなみに  娘さんたちは 天使の里まで
出てきません(汗)


当日は  南方より 阪急電車にて移動。
JRでの移動も考えましたが
折角なので  嵐電に乗って移動することに。
ちなみにレンズは
嵐山まで21㎜と 50㎜を頻繁に変えながら撮りました

S1-1.jpg

朝一番のホームの 冷えた静けさが好きさ~♪
( BGM: 渡辺美里 BELIEVE)

阪急 西院で乗り換え  400m程歩くと
嵐電 西院(さい)駅。  2010年に創業100年を迎えたとのこと

S1-2.jpg
たまに都電にも乗りますが、風景がやはり違います。
趣があるというか。

S1-3.jpg
この信号機も時代を感じさせます。

写真を撮りながら待っていると
S1-4.jpg

来ました 嵐電。


途中の風景はあまり撮れませんでしたが
時間があったら 嵐電 途中下車の旅を行いたいほど
魅力的な建物がいっぱい。

線路からの風景も 

S1-5.jpg

こんな感じで  眺めていて  飽きません。


乗車時間は 20分  少々で 無事
S1-7.jpg

嵐山に到着です。

8時についたのですが  なかなかの人出でした。

次回は  渡月橋 周辺をお伝えします。





ブログランキング参加してます。よろしくお願いします。
にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ にほんブログ村 コレクションブログ スーパードルフィーへ

テーマ : 今日の出来事 - ジャンル : 趣味・実用

鏡の中のactress



メイク直し完了!
これで心置きなく京都にGO!です


この記事タイトルを知ってる人は、自分と同年代かも(w




ブログランキング参加してます。よろしくお願いします。
にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ にほんブログ村 コレクションブログ スーパードルフィーへ

【和装】DDの着付にチャレンジその4(お披露目)

さてさて 完成した 椿さんを
撮影してみました。


元々は京の最初の衣装でしたが 
やはりこれまたブラッシュアップで 帯と帯揚げ・帯締めを変えてます
IMGP1179.jpg
帯締めの結び方が逆なのはご愛嬌(^^;)

着物の色と 帯と帯揚げ・帯締めの色の関係ですが
IMGP1180.jpg
基本的には
帯揚げは  着物の上に使われている色
帯締めは  着物の下に使われている色で あわせると
まとまりがよろしいようです。
帯に関しては  好みかな~
派手目にいくか 大人びた感じにするか
正直なところ ドールの場合も帯で決まると思います。

後ろ姿はこんな感じです。
以前の帯よりもグッと可愛らしさがまして 華やかになりました。
IMGP1181.jpg
着せてみて思いましたが 
DDの場合は  おはしょりで中振袖~小振袖のほうが 
ポーズもとりやすいですし、小町風に仕上げられるので
向いているような気がします。
お引きずりでは 草履もないですし、
裾が汚れるので 野撮はできません(笑)

今回は実験なので お引きずりにしてみましたが。



IMGP1187.jpg
胸の位置と帯の関係はこんな感じです。
L胸でも補正次第で 上手くいくと思います。

IMGP1184.jpg
撮影時 ポーズを変えたり 動かしたりしましたが
この通り着崩れはありません。 ホータイ様様
自分の好みは  襟は詰めて 帯は上目が好みです。

個人的にはこの写真が一番好みかな。
IMGP1185.jpg

「ナオチン どうだ!?」

 
ますます惚れ直しました。 いやぁ 思い込みはよくないね

「そうだぞ。私たちでもやれば出来るんだからな。」


ごもっともです。 
そんなわけで お願いしておきました。ハッチャン専用
今度は L胸 小町風にて。 これなら色々と連れて行けるからね

「本当か!?  くうぅぅぅう  なんて 嬉しいことを」
「ナオチン 今すぐお代官プレイを。 」


あはは はっちゃん 千明と同じことを(汗)
気長に待っててね

「ああ! ありがとう ナオチン」

そんなわけで DDも和装化していく予定....かも。

4回にわたり DD和装化をお伝えしました。
閲覧ありがとうございます。


ではでは


ブログランキング参加してます。よろしくお願いします。
にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ にほんブログ村 コレクションブログ スーパードルフィーへ

テーマ : ドルフィードリーム - ジャンル : 趣味・実用

【和装】DDの着付にチャレンジその3(着物着付)


今日は着物の着付け編 ですが....

振袖の場合の注意点は 基本襦袢とそれほど変わりませんが

IMGP1164.jpg

下前の襟の端の部分を 少し折り込むような(実際には折りません)感じで
持ち上げると 裾の部分が 綺麗に流せます。(完成写真のように)
襟足・襟の部分の開け具合は  お好みで。
今回は詰め気味にしています。

IMGP1165.jpg
襦袢と同じように 背中のセンターラインをしっかり合わせて
つきつきホータイで 仮止め


秘密兵器その2(?)
IMGP1166.jpg
帯の質・柔らかさによるのですが  もし、帯が柔らかすぎて 
デコボコする場合は 板を挿入

これはパウチを切った物に つきつきホ-タイを巻いてます
これまた ズレ止めの役割も果たします。 1-2㎜のプラ版代用でも
いいと思います。

ドール用の帯の場合一般的にはマジックテープなので
取り付けは簡単かとと思います。
帯締め・帯揚げの縛り方は 色々なサイトさんで紹介されていますので割愛
ここではポイントだけ。
IMGP1168.jpg
帯を取りつけるときに 水平に取り付けるのではなく
若干背中側に 斜めに 取り付け 帯の上側と胸の間に
空間を作るよう取り付けます。そこに帯揚げの結び目と端を軽く押し込みます。

IMGP1167.jpg
今回のケースの場合、帯揚げはSDのものより若干太めを選択しています。

IMGP1169.jpg
後は着崩れ等がないかを確認して出来上がり。

正直好みがあると思いますのでなんともいえませんが
これだけの工程で  結構 寸胴になります。

ここまでの所要時間は 20分程度です。  
ホータイのお陰で着崩れがしにくいので
前記事の通り 寝かせても 着付けは出来ると思います。

今日はここまで

明日は  着付けた椿さんを  いつもの場所で
撮影してみます。

断面の厚みや胸とギャップがわかると思います。

ではでは

////////////////////////////////////////////
いつも訪問&拍手ありがとうございます~
////////////////////////////////////////////

COOL KYOTO の  MSD 椿....どうしようかな...
里に出没するので ちょっと悩み中です(笑)



ブログランキング参加してます。よろしくお願いします。
にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ にほんブログ村 コレクションブログ スーパードルフィーへ

テーマ : ドルフィードリーム - ジャンル : 趣味・実用

【和装】DDの着付にチャレンジその2(襦袢着付)

それでは  続き

長襦袢を着せます。
前を軽くあわせて、後ろ衿を少し開けます。
開け方は好みですが 写真の引っ張り具合
位が 半襟と着物を着せた時にバランスが
良いかと思います。
1人での作業が難しい場合は 後ろ襟を決めた後は
寝かせて作業しても良いかとと思います

IMGP1153.jpg
この時、補正用の綿が見えた場合は
軽く綿を押し込んで見えなくしてしまいます


下前の襟を合わせるときのポイントはすそが斜めに切れ上がるよう
腰の辺りの襟の端っこをちょっと持ち上げて 位置を決めます。
IMGP1154.jpg


同じく 上前の襟も切れ上がるように。そうすることで裾が綺麗に見えます。
IMGP1155.jpg


写真がないので仮止めしたあとの写真となりますが
着物の背中側の線は真ん中にあわせるようにすると
前側の裾のクロス部分が 綺麗に見えます。
IMGP1158.jpg


前記事のつくつくホータイで 仮止めをした後
腰紐を締めます。
この時 写真のように 少し斜めに締めます。
IMGP1156.jpg


締めこんだ後ズレ防止のために
もう一度 ホータイを巻きます。
あ、作業する時 袖部は
腕に巻きつけたほうが作業しやすいです。
IMGP1160.jpg



ここからは  半襟が別の場合の解説です。
すでに襦袢に半襟が縫いつけられている場合は
省略です。
IMGP1163.jpg


半襟の場合も同じように仮止めの後 開け具合を調整
胸元の襟から 襦袢が見えないよう調整
この辺も開け具合は好み
自分の好みは  詰め目です。
位置が決まったら  やはりホータイで 固定。

ここまでで 大分 ホータイを巻きましたので
補正の意味も出てきています。

前記事の通り  このホータイを使うのは
ズレ止めの 意味が大きいです。
このホータイが無いと  着付けていくうちに
だんだん着物がグズグズに崩れて行き
もう一回着付けなおし。。。。なんてことになります。

これを使うと 持ち運び程度では中々崩れません。
かといって完全に固定というわけでもなく
多少の調整が効くところがGOOD

テープ等を使ってないので 生地もいためにくいです


IMGP1162.jpg


ちなみに  襟の開き具合はこのくらいに収まりました。


今日はここまで

次回は 振袖の着付けになります。


前記事への
拍手ありがとうございます~。  励みになります。


///////////////////////////////////////

来週3連休明けから 大阪出張決定~(^^;)
9日~14日まで簡易更新になります。
14日は  里に出没します。  これ決定。
メンバーは  これから考えまーす。
メインはメンテと撮影かな。

いずれにせよ  和装です。
///////////////////////////////////////
ブログランキング参加してます。よろしくお願いします。
にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ にほんブログ村 コレクションブログ スーパードルフィーへ

テーマ : ドルフィードリーム - ジャンル : 趣味・実用

【和装】DDの着付にチャレンジその1(体形補正)


えー、当庭園のSD達が続々と和装になっている現状から

椿「ナオチンは 最近冷たいなー  クスン」

 との無言の視線を感じ.....

実験として DDの和装化に取り組んでみることに。

SDとDDの最大の差は そのボディライン。

M胸から果てはDDダイナマイトまで
胸とくびれが強調されています。

この体型をどう補正をどうするか。

好みもあるでしょうが
ここでは かっちりとした(?)
着付をしてみました。

モデルは  もちろん 椿さん。
とりあえず M胸に換装して行いました。
(今回の結果を踏まえてL胸も対応可能とわかりましたので
後日L胸でチャレンジします。)


ここから先は
暫く Noウィッグの 肌色多めでお伝えします。
写真もちょっとぶれてます。
着物の種類・帯の種類によって
難しい場合がありますので  参考まで。


用意するのは
IMGP1148.jpg

ニチバンのつきつきホータイ 幅違いを二種類
巻くだけでくっつく包帯です。
これがあるとないとだと大きく変わります。
襦袢の着付まで活躍する代物。
IMGP1147.jpg

カットメン
肩と胴体用に適当な適当な厚さ・大きさに分けます。

肩口・胴体に 分けた カット綿を
当てていきます。
IMGP1149.jpg
胴回りの厚みのイメージは
胸のトップが若干出る程度に。(後の写真参照)

IMGP1150.jpg

背中側から 半分に切った つきつきホータイを
写真のように クロスして おなかの カット綿に
貼り付けます。(背中側も同様)

その後 胴体部分につきつきホータイを巻いていきます。
IMGP1151.jpg
横から見た感じはこのくらい。


IMGP1152.jpg
背中側はこれ位のボリュームです。
この時の 巻きは  1巻きから2巻き程度です

ここでのポイントは ある程度補正が効いていればOK
完全に寸胴にする必要はありません。
この後の襦袢・着物で カバーできますので。

後、なぜこの包帯を使用するかというと
仮も含め 固定が楽だというのと
この後の着付の際、着物がすべりにくくなり
ピシッと決まりやすいから。
SDもDDも肌のすべりが良いため
着崩れを防止する意味があります。

とりあえず今日ここまで。

明日は襦袢の着付のポイントです。




ブログランキング参加してます。よろしくお願いします。
にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ にほんブログ村 コレクションブログ スーパードルフィーへ

テーマ : ドルフィードリーム - ジャンル : 趣味・実用

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。